• ホーム
  • アフターピルとコンドームどちらが避妊効果が高い?

アフターピルとコンドームどちらが避妊効果が高い?

元気を出す女性

アフターピルとコンドームは、どちらも避妊用として利用されていますが、どちらが避妊率が優れているかを考えると難しいと言えます。
アフターピルは避妊に失敗した、もしくは避妊をしていなかった場合に用いられる薬で、性交後の72時間以内に服用することで排卵を抑制して受精をできなくさせます。
薬には種類があり、プラノバール錠であれば1日に2回の服用、レボノルゲストレル錠では1日に1回の服用で効果を発揮します。
服用を間違えなければ一般的には80%の避妊率とされていますが、早く服用すれば避妊率が上がると言われており、性交後の24時間以内であれば95%もの高い確率で成功します。
コンドームにおいては、一般的には70%の避妊率と言われていますが、思わぬトラブルで破れたりズレたりするほか、性行の知識が浅い人が失敗するために低い数値となっています。

まず、破れる危険性のある古いコンドームを使用しない、性行の途中から着用せず始めから使用することなど、正しい使い方をすれば避妊率は95%以上となります。
アフターピルとコンドームでは、行為中または行為後と使用するタイミングが異なるため、どちらか片方が優れているという判断はできません。
服用や使用方法を間違えなければ、どちらでも避妊の高い効果が期待できるので、まずは正しく使う知識を身につけることが大切です。
アフターピルでは避妊はできても、性感染症を防ぐことができないというデメリットがあるだけでなく、その薬効および副作用によって、女性の体に負担がかかる問題もあるので、避妊だけでなく安全性を求めるのであればコンドームが良いでしょう。
どうしても妊娠の可能性が気になるという人であれば、アフターピルとコンドームを併用するという選択肢もあります。

関連記事
アフターピル服用後のにきびと太り方 2020年04月15日

アフターピルは低用量ピルとは違い、一時的に使う医薬品です。避妊を真面目に心がけているカップルでも、例えばコンドーム自体に問題が起きると、完璧な妊娠回避が出来ませ...

40代主婦が性行為で避妊失敗でのアフターピルの影響 2020年03月12日

40代でも夜の生活があると思いますが、時には避妊を失敗してしまう事もあると思います。コンドームでの避妊は100%ではないのでゴムが破れてしまった場合、妊娠を望ま...

アフターピル=プリベンの安定性の効き目 2020年02月11日

性行為で避妊が失敗した場合、72時間以内に服用し、そして残りの錠を12時間に服用することで、強制的に生理を発生させて受精させないようにする医薬品がプリベンになり...

新緊急避妊のアフターピルと抗生物質の併用について 2019年12月04日

何らかの身体に対する症状があり、抗生物質を服用している女性の方もいるでしょう。女性の生理周期を整えたり、緊急避妊薬であるアフターピルを服用する場合、併用するとそ...

アフターピル服用後の月経再開について 2020年01月13日

アフターピルを服用後に出血がある場合があります。これは消退出血と呼ばれるもので、アフターピルを服用してから1週間後に来る人が一番多いと言われています。しかし、3...