• ホーム
  • アフターピル使用時の注意点

アフターピル使用時の注意点

多様なカプセルと瓶

アフターピルとはコンドームなどを使った避妊に失敗した際に、緊急用として用いられる避妊薬です。
決まった時間に服用することで計画的に避妊をするピルとは別のもので、LHサージ前に服用することで、排卵を抑制するか障害を起こして、排卵そのものを止めることができます。
服用後に効果が出るのはおよそ5~7日間で、この期間は排卵が行われないため、女性の性器内に精子が侵入しても、受精および着床の心配がなくなります。
着床してしまうと全く効果があらわれないので、避妊に失敗した場合は、まず産婦人科に行くか、市販の妊婦検査薬を使って着床していないか確認します。
アフターピルの避妊率は80%前後ですが、24時間以内の服用であれば95%もの高い確率となります。
したがって、性交後72時間以内の服用が望ましいとされていますが、早ければそれだけ確率も上がるので、妊娠の可能性を感じたなら、早期に産婦人科などで処方してもらうようにします。

最近では72時間を超えても120時間までなら効果が期待できるものもありますが、遅れる分だけ確率が下がるので、妊娠を望まないのであれば、のんびりと構えずに急いで措置する必要があります。
アフターピルの購入には医師の処方が必要になりますが、個人輸入を利用して購入することも可能です。
そのため、先に購入しておくことで、いつでも使用することが可能となりますが、通常のピルで行う過程を短縮して、強制的に排卵を止めるため、強力な副作用が起こる可能性が高く、頭痛や吐き気、めまいといった症状や出血を伴うこともあります。
体への負担が大きいので、自己判断で多量に服用することはせず、まずは着床していないか確認してから、用法用量を守って服用するようにします。

関連記事
新緊急避妊のアフターピルと抗生物質の併用について 2019年12月04日

何らかの身体に対する症状があり、抗生物質を服用している女性の方もいるでしょう。女性の生理周期を整えたり、緊急避妊薬であるアフターピルを服用する場合、併用するとそ...

アフターピル服用後の月経再開について 2020年01月13日

アフターピルを服用後に出血がある場合があります。これは消退出血と呼ばれるもので、アフターピルを服用してから1週間後に来る人が一番多いと言われています。しかし、3...

アフターピル服用でホルモン分泌増加と堕胎 2019年12月19日

アフターピルは、性交渉を行った際に避妊をあらかじめしなかったり、コンドームを使用していても妊娠する恐れがあるときに、最長で72時間以内に服用すれば妊娠を回避でき...

膣内にIUDを装着しているが心配でアフターピル処方 2019年11月05日

IUDとは、女性が主体で避妊を行うための避妊道具の一つです。子宮内に装着することで避妊効果を得られるため、装着の際には婦人科で挿入してもらう必要があります。加え...

アフターピルとコンドームどちらが避妊効果が高い? 2019年10月21日

アフターピルとコンドームは、どちらも避妊用として利用されていますが、どちらが避妊率が優れているかを考えると難しいと言えます。アフターピルは避妊に失敗した、もしく...