• ホーム
  • 新緊急避妊のアフターピルと抗生物質の併用について

新緊急避妊のアフターピルと抗生物質の併用について

心配している女性

何らかの身体に対する症状があり、抗生物質を服用している女性の方もいるでしょう。
女性の生理周期を整えたり、緊急避妊薬であるアフターピルを服用する場合、併用するとそれらの効果が薄まる可能性があるのが抗生物質になります。
特に低用量ピルを服用している人は注意が必要になっています。
緊急避妊薬であるアフターピルの場合、低用量ピルよりも配合されている量が多いのが特徴ですので、効果が薄まるというのは考えにくいです。
しかし個人差がありますので、抗生物質を併用する場合は、アフターピルを処方してもらう時に必ず医師に相談することをおすすめします。
医薬品を併用する場合は、必ず必要ですので尋ねてください。

アフターピルは低用量ピルに比べると効果も強く、あくまでも緊急避妊のために使われる医薬品です。
そのため副作用が強く出る可能性が高いです。
本当はクリニックで医師の問診を受けた後に服用し、経過観察するのが好ましい方法になります。
最近では、個人輸入代行業者を通して、アフターピルを購入する女性も増えています。
正しい知識がなければ、強い副作用に対処することができなくなりますので、知識がない場合は個人の判断で購入し服用することはおすすめできません。
一番最初の使用は、まずクリニックにいって相談をし処方してもらうことが重要です。
自身の体を守るためには大切なことですので必ず守って下さい。

アフターピルを使う場合は、正しい知識が必要になります。
それだけ強い医薬品である認識を持ってください。
そう何度も使うための避妊薬ではありません。
避妊を正しくすること、妊娠を防ぎたいのであれば低用量ピルに切り替える等の判断も求められますので、しっかりと知識も持つようにしましょう。

関連記事
アフターピル服用後のにきびと太り方 2020年04月15日

アフターピルは低用量ピルとは違い、一時的に使う医薬品です。避妊を真面目に心がけているカップルでも、例えばコンドーム自体に問題が起きると、完璧な妊娠回避が出来ませ...

40代主婦が性行為で避妊失敗でのアフターピルの影響 2020年03月12日

40代でも夜の生活があると思いますが、時には避妊を失敗してしまう事もあると思います。コンドームでの避妊は100%ではないのでゴムが破れてしまった場合、妊娠を望ま...

アフターピル=プリベンの安定性の効き目 2020年02月11日

性行為で避妊が失敗した場合、72時間以内に服用し、そして残りの錠を12時間に服用することで、強制的に生理を発生させて受精させないようにする医薬品がプリベンになり...

アフターピル服用後の月経再開について 2020年01月13日

アフターピルを服用後に出血がある場合があります。これは消退出血と呼ばれるもので、アフターピルを服用してから1週間後に来る人が一番多いと言われています。しかし、3...

アフターピル服用でホルモン分泌増加と堕胎 2019年12月19日

アフターピルは、性交渉を行った際に避妊をあらかじめしなかったり、コンドームを使用していても妊娠する恐れがあるときに、最長で72時間以内に服用すれば妊娠を回避でき...