• ホーム
  • 膣内にIUDを装着しているが心配でアフターピル処方

膣内にIUDを装着しているが心配でアフターピル処方

嬉しく笑っている女性

IUDとは、女性が主体で避妊を行うための避妊道具の一つです。
子宮内に装着することで避妊効果を得られるため、装着の際には婦人科で挿入してもらう必要があります。
加えて、適切に使用するためには定期的な検診が必要にもなります。
しかし、IUDは非常に高い確率で妊娠を回避できますが、完全に100%の避妊具ではないので、IUDを装着していても万が一妊娠することも考えられますので、妊娠したくない場合にはコンドームなどと併用して使用するのが良いでしょう。

また、コンドームを使用してもそれでも避妊に失敗してしまい、妊娠してしまう可能性が高い場合には、アフターピルを処方してもらうのも一つの手段です。
アフターピルは、避妊に失敗した際に72時間以内に服用することで高い確率で妊娠を回避できる緊急避妊薬です。

基本的には婦人科などで検査を受けて、服用するのに問題がないとされれば処方してもらうことができます。
ついでに、IUDを装着していることを医師に説明して判断を仰ぐようにするのも良いでしょう。

ただ、アフターピルを服用する際に一つ注意点があります。
アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれていて、それが体内に大量に入ってくることで人工的に子宮内膜をはがして生理を起こさせる薬です。
一般的な低用量ピルに比べて女性ホルモンのが配合量が多く、吐き気や腹痛などの副作用が起こりやすく、女性の体に与える影響も強いため、何度も服用するのはあまり良くないとされています。
そのため、ネットなどで個人輸入をして自己判断で服用するのではなく、まずは婦人科で相談するのが良い手段と言えます。
避妊に失敗したから、ではアフターピルを服用しようなどと安易に考えるのではなく、あくまで緊急の際に使用するものと覚えておきましょう。

関連記事
アフターピル服用後のにきびと太り方 2020年04月15日

アフターピルは低用量ピルとは違い、一時的に使う医薬品です。避妊を真面目に心がけているカップルでも、例えばコンドーム自体に問題が起きると、完璧な妊娠回避が出来ませ...

40代主婦が性行為で避妊失敗でのアフターピルの影響 2020年03月12日

40代でも夜の生活があると思いますが、時には避妊を失敗してしまう事もあると思います。コンドームでの避妊は100%ではないのでゴムが破れてしまった場合、妊娠を望ま...

アフターピル=プリベンの安定性の効き目 2020年02月11日

性行為で避妊が失敗した場合、72時間以内に服用し、そして残りの錠を12時間に服用することで、強制的に生理を発生させて受精させないようにする医薬品がプリベンになり...

新緊急避妊のアフターピルと抗生物質の併用について 2019年12月04日

何らかの身体に対する症状があり、抗生物質を服用している女性の方もいるでしょう。女性の生理周期を整えたり、緊急避妊薬であるアフターピルを服用する場合、併用するとそ...

アフターピル服用後の月経再開について 2020年01月13日

アフターピルを服用後に出血がある場合があります。これは消退出血と呼ばれるもので、アフターピルを服用してから1週間後に来る人が一番多いと言われています。しかし、3...